コアラの国でワーキングホリデー

2007年にニュージーランドでワーキングホリデーを経験した管理人。
2011年、今度はオーストラリアにワーホリに行きます。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |

出国前夜。
APAホテル京成成田駅前の客室から。

仕事を辞め、住所不定無職になりました。

僕は昔から自分に自信のない人間で、
人前では明るくふるまっているものの、
他人の輝きにいつも憧れ、
自分に特別な才能がないことを常に嘆いている
暗い性格の持ち主です。

そんな僕でも自信を持って言えるのは
自分は本当に友人に恵まれているということ。

この一か月、多くの友人が僕なんかに会いたいと言ってくださり、
北は仙台から南は山口まで、送別のためかけつけてくれました。

海外生活したくらいでは僕の性格は変わらないと思います。
大きくなって帰ってこい!と激励を受けておりますが、
そうなれるかどうかもわからない。

だけど、同じ時期に日本で会社員をやっているよりずっと多くの経験をして、
後悔のない、そして一生忘れられないワーホリにしたいと思います。

応援していただく方々の気持ちを無駄にしないよう、
一日たりとも無駄には過ごさないという気持ちで、
日々を大切に過ごしたいと思います。





| 23:55 | オーストラリア入国前(2011年4月〜) | comments(0) | trackbacks(0) |

2007年、ニュージーランドに1年滞在し、
約8キロの体重減に成功いたしました。
(66キロ→58キロ)

現在、過去最高体重の68キロで、
最近周囲に「太った?」と言われるのがショックな管理人です。

目標。

オーストラリア滞在中に体重を減らします。

設定体重は10キロ減の「58キロ以下」。

有言実行します!

| 22:52 | オーストラリア入国前(2011年4月〜) | comments(0) | trackbacks(0) |

出国日が7月11日に決まりました。

順調に準備は進んではいますが、
(わかってはいたものの)かなりの費用がかかっております。

以下、これまでにかかった費用(概算)

航空券(片道)     70,000円    ※前に座席のない席に+8,000円でアップグレード
VISA                21,000円
パスポート更新   16,000円
保険(ユニケア)   60,000円
パースYHA         20,000円    ※最初の1週間の滞在

計                  187,000円

有料のエージェントは使っておらず、全て自分で手配しているものの、
やはりこれくらいはかかりますね。
これに加えて、最初の語学学校の費用(4週間)、
現地での中古車の購入費用、滞在費、帰りの航空券等を考えたら、、、

う〜ん、金欠生活を覚悟せねば。
でも、そんな未来が楽しみでもあります。



| 21:35 | オーストラリア入国前(2011年4月〜) | comments(0) | trackbacks(0) |
大学生の頃、イスタンブールの安宿で出会った人に
プラハを訪れることを薦められました。

2007年、ニュージーランドのオークランドにいた頃、
ネイピアの美しさについての評判を良く聞きました。

その後、訪れたプラハとネイピアは噂に違わぬ
素晴らしい街で、今では僕の大好きな場所です。

ニュージーランドのワーホリから帰国した時は
「もうワーホリはない」と考えていましたが、
日に日に、階段を上るようにワーホリへの想いが膨らみ
それは「また行きたい」から、いつの日か「行かないと後悔する」
というレベルまで昇華していました。

そのような心境の中、ニュージーランド時代に聞いていた
パースについての評判が頭をよぎりました。

英語圏に行きたいという前提で、イギリスは物価が高いし、
カナダは寒いし(苦笑)、オーストラリアしかないなと考えたのですが、
実はオーストラリアは過去に6度ほど訪れたことがあるんです。

ただし、そのほとんどは東海岸で僕は西海岸を知りません。
ケアンズやブリスベンやシドニーであれば多少の土地勘もあるし
現地での生活に慣れるのも早いかもしれません。

だけど、僕はマゾなのか(苦笑)、せっかく自分の人生をリセットして
再びワーホリに行くのだから、誰も僕のことを知らない、
僕自身も何のツテもない場所で再出発したいと考えました。

過去のプラハとネイピアの時と同じような匂いを感じる、
そして自分が知らない場所。
パースを選ぶのに迷いはありませんでした。

18歳で田舎から上京し、東京では友人にも恵まれ、
そのような仲間と離れ知らない場所で生活を始めるのは
不安も大きくて、ときどき潰されそうにもなりますが、
きっと忘れられない1年が得られると信じて。

僕は再びワーホリに行きます。
| 09:59 | オーストラリア入国前(2011年4月〜) | comments(0) | trackbacks(0) |

改めまして。管理人の夏樹です。

ブログのタイトル、デザインをリニューアルいたしました。

2007年1月〜12月、ニュージーランドでワーキングホリデーを
経験しました。その時はまさか2度目のワーホリがあるとは思いませんでした。

7月、オーストラリア・パースに行く予定です。

1年間の予定ですが、もっと早く帰国するかもしれないし、
もしかしたらVISAを延長して、数年間いるかもしれない。

帰国日も帰国時にいる街もわからないので、今度は片道航空券で入ります。

心境は詳細はまた追って書きたいと思います。

| 23:16 | オーストラリア入国前(2011年4月〜) | comments(0) | trackbacks(0) |