コアラの国でワーキングホリデー

2007年にニュージーランドでワーキングホリデーを経験した管理人。
2011年、今度はオーストラリアにワーホリに行きます。

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワーキングホリデー協定【香港・台湾】 | main | Kneuklid Romance復活 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |

三沢光晴さんが亡くなられて、喪に伏しておりました。

プロレスは「ショー」とか「やらせ」だとかいう批判があるのは承知ですが、
相手の技を受け、99%輝かせ、自分は100%の力を出して勝つという美学が
本当に好きです。

三沢さんが「受け身の天才」と言われるのは、
それだけ相手の技を受ける覚悟と愛があるからです。

タイガーマスク時代は僕は良く知りませんが、
僕がプロレスにのめり込んだのは
俗に言う全日本プロレスの「四天王時代」です。

(注)四天王とは三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太を指します

当時の四天王プロレスは本当に素晴らしく、
解説をしていた馬場さんが「高度すぎて、俺には解説できない」
と言わしめるほどでした。

「プロレスはやらせだ」と言い、食わず嫌いの方々は
是非一度王道プロレスを観てほしい。

なんだかその「王道」の大きな欠片が失われてしまったようで
本当に悲しい。

これからも僕はプロレスを応援し続けます。

| 18:55 | ニュージーランド帰国後(2008年1月〜2011年3月) | comments(0) | trackbacks(0) |
| 18:55 | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。